FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

19

コメント

近況

え~年始から体調悪くて、なかんずくお腹が痛いので調べてみたら虫垂炎を起こしていたり色々してホント辛い毎日ですが、野球が始まるにつれてジワジワ治ってきています。 六時になったら、テレビつけて、さあプレイボール、そういう環境じゃないとダメなんですよ。ああ~楽しみですね。オープン戦のチケットも取りました。今年もバンバン野球見るぞ!

艦これは飽きたわけじゃないんですが、つまんなくなってきているというのも正直なところで、12月のランカー報酬も受け取ったまま放置していました。増設バルジです。
20140219195253.png
艦これは以上です。

実は今頃沖縄に逃亡している予定だったのですが前述のお腹痛もありまして果たせぬまま終わりました。ニコ生でベイスターズの練習試合を見たり紅白試合見たりしながらトイレに通う嫌な日々でした。今年の初観戦予定は3月4日のベイスターズ対オリックス・オープン戦 in 京セラドーム大阪です。ベイスターズファンのみんなは外野自由席で僕と握手!

モーガンが抜けたのは悲しいですけど仕方ないよね。「T」ポーズを継承してくれる選手は現れるでしょうか。
ただ外野は梶谷・筒香のコンバートで層が厚くなった感じもして、今までのペースだと中々良い感じに調整されてるんじゃないかと思います。今年はこんな感じでしょうか:

1(二)石川
2(中)荒波
3(右)梶谷
4(一)ブランコ
5(左)筒香
6(三)バルディリス
7(遊)白崎
8(捕)黒羽根


適当に組んでみたのは良いんですが遊撃が結構悩ませますね。選択肢が多いのは良いことですが、固定できないのも考え物。これから一ヶ月ほどオープン戦があるわけですから、そこで結果を残して、ショートはこいつ!と思えるような選手が出てきて欲しい。

梶谷は今年期待がかかるだけに是非その期待に応えて欲しい。トリプルスリーも狙える素質のある選手だけに、ブランコと合わせて大いに打線を盛り上げてくれることを望みます。

五番筒香はロマン砲ですが、個人的にバルディリスをそこまで評価していないというのもあるかも。実績はバルですが、筒香がアベレージも残せるようになればブラ筒バルの打順で行って欲しい。筒、バルともに20本以上を期待します。筒香やバルディリスが、率が高く、長打もあることをアピールできるようになれば、相手に与えるプレッシャーも相当大きいはず。期待はでっかく3割20本。こんだけ打てれば文句なしですね。

外野はレフト・ライトともにコンバート組が居座っている以上、センターに多村・金城はやや起用しにくいか。個人的には多村選手も好きなので、筒香がダメなら多村を入れても良いかなというイメージでもあります。また井手や松本啓二朗ら控え野手にも、これからオープン戦などでアピールして欲しいですね。当たり前ですが、二番も熱くなっていくと打線全体が破壊力を増すので。

頑張って欲しいのは荒波・石川で、今まで見た感じまだちょっと調整が出来上がっていないように見えなくもない。二番がどんどん打てるようになると相手にプレッシャーを与えることが出来ますし、石川・荒波の両選手には奮起を促したいところ。山崎あたりが石川のポジションを脅かすぐらいの活躍をしてくれてもいいかもしれませんね。

心配なのは捕手、ってこれはもうみんな言ってることなので今更何をか語らんやですが、黒羽根・高城には最低でも二割をちゃんとクリアして自動アウトなんて言われないように促したいところ。もちろん守備面での不安はありますが、本人にもその自覚はあるはずなので、試合を重ねてちゃんと経験を積んで欲しい。谷繁二世の誕生を期待します。

ピッチャー陣は……
三浦が調子よさそうで何より。尚成が年齢的にも微妙かなと思っていましたが、結構使えそうなのも収穫。三浦・尚成のベテラン陣に引っ張られて若手がドンドン奮起して欲しいですね。

加えて三嶋、井納がシーズン通してローテを守れるようになれれば美味しい。藤井は怪我もあるし期待してないけど阪神キラーとして使えるなら是非使いたいところ。

久保は阪神での最後の一年がぱっとしないので過度な期待はしたくないところですが、頼らざるを得ないのも正直な話。ピッチャーはいくらいても足りないので柿田、須田あたりが台頭してくると面白い。

一方で猛省を促したい選手もチラホラ。数年前のような、投げれれば誰でも良いみたいな状況じゃなくなっているのだから、ちゃんと仕上げてアピールしていかないと。(でもシーズン進むと投げれれば誰でも良くなるんだろうなぁ……)

順位予想はあえてしませんがCS出場は果たして欲しいところ。こうすれば勝てるという意識を、去年ある程度掴むことができたんじゃないでしょうか。尚成や久保のような、勝ち方を知っているベテランの加入もありますし、ブランコ・バルディリスのように移籍組のバッターもなかなか熱いものをもっている。是非とも三位には食い込んで欲しいところです。

でわ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

水無瀬さんご

Author:水無瀬さんご
水無瀬さんご
2010年デビュー。以後あれやこれや。

★★今までに出た本の一覧はここをクリック★★
↑今から出る本も(一部)検索できます。


*連絡先*
ホームページ:http://sango.productions/
メールはここ:35minase@gmail.com
ついったー:http://twitter.com/minasesango

*おひねり*
Monacoin : MMrytdtffWoDfRSbK3VbgYqZchK4JRCdQD

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。